長文を流したいけど皆さんのTLを汚したくないときに使う場所です
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

機械油をさす。

ずいぶんと、メンテナンスをサボってしまっていた
もう五年になる
このマシンを倉庫に押し込んで、五年になる

最後は、喧嘩別れに近かった
マシンに触るのも、見るのも嫌になって
あんなに好きだったミストエンジンの水音も
心をざわつかせるノイズにしかならなくて

「俺は、もうお前とドライブできないかと思っていたよ」

彼は、油に汚れた頬をぬぐい
椅子にどっかと腰を下ろすと
冷めきったコーヒーを思い出したように呷った


***


彼は、かつてハイドラライダーとして三年も戦っていた
夢を抱き、銀色のマシンを駆り
戦場を渡り歩いて金を稼いだ

ライダーのライセンスを得るのは夢だった
猛烈にあがいて
どうにかライセンスを手に入れて
華々しくデビューしたはずだった

しかし、時がたつにつれ
彼は手ごたえの無さを感じるようになった

テレビを賑わす超有名ライダー
伝説の機体に使用されたパーツ

どれもこれも、彼とは無縁の世界だった
いつしか、銀色のマシンが泥に汚れても気にならなくなっていた

「俺は、やれるだけやったよ」

それでも、届かない場所がある
及ばない力がある

そして、決定的な事件が起きた

ミッション中に彼のエンジンがEN枯渇を起こし、
立ち往生してしまったのだ

初歩的なミスだった
それが、彼にとって耐えがたい自尊心の傷となった

機体は回収され、彼は逃げるようにライダーの世界から去った
最後に見たライセンスは、文字が剥げ、シミでよごれていた

それを彼はストーブの中に投げ入れ、全てを忘れることにしたのだ


***


五年が過ぎた

きっかけは些細な引っ越しであった
倉庫の機体……ハイドラを処分することにしたのだ

過去の痛みに耐えながらも、放置するわけにもいかず
彼は倉庫の扉を開けた

五年の歳月は、思いのほか傷を癒していたようだ
そして、彼は、錆だらけのマシンを前にして
大掃除を始めた

身体はメンテナンスの手順を忘れていなかった
もがいていたころは、あんなに面倒に思えたメンテナンスも
五年の空白の後では全てが新鮮だった

「最後に、ドライブしようぜ」

メンテナンスを終え、操縦棺に入る
ミストエンジンの水の音は、彼の骨にまでに静かに染み渡り
彼はしばらく動くことができなかった

「やっぱり、このマシンは最高だ」

贅沢な日々だったことに、ようやく気付いた
身体に完全になじんだ相棒と
泥の中もがいていた日々

「お前は、どこも変わっていない」

奇妙な回転音を響かせながら、するりと倉庫から発進する

「俺の夢は、あの頃から、今までも……何一つ変わっちゃいなかった」

密林の中、錆びたマシンが静かに木漏れ日をかき分けて進む

「錆びついて、変わっちまったのは、俺の方だった」

ERROR

突然、エンジンが止まる

「おいおい、エンストか……俺はまた、やっちまったか」

マシンは、歩みを止めない

「どういうことだ……?」

YOUR SOUL NEVER CHANGE

「本当に……?」

YOU ARE THE BEST RIDER OF MINE

短いシステムメッセージの後、
空調のスリットから出てきたのは

はじめて手にしたときと同じ
銀色の、ライダーズライセンスだった


拍手[3回]


ヒュルルルルル
ボボボボボ
ズン……パパパッ

へっ、限界集落爆雷村の奴ら、祝砲を上げてやがるぜ
坊主、これから出撃だってな
じゃあ、この戦争がどういう戦いだったか
軽く説明するぜ

お前の乗るハイドラ……まぁ、平たく言えばロボットだな
それに乗って戦場を渡り歩き、敵を倒す。それが任務だ
ミッションを受注すれば、すぐ戦場にたどり着く
お前のすることは
戦うこと
パーツを買うこと
あとは……パーツを作製することくらいだな

じゃあ、レクチャー・ワンだ


◆恐れを抱くな

この戦場での失敗とは、なんだと思う?
撃墜? それとも、敵を一人も倒せない?
あるいは、味方の役に立たない?

怯える必要はねぇぜ
戦場にはだいたい20機の戦闘ロボット……ハイドラが集まる
そいつらが、逃げる獲物を狩りあう戦場さ
黙って突っ立ってっても、誰も文句は言わねぇ
むしろ、餌の分け前を譲ってくれて、ありがとうって感謝するさ
仲間同士喧嘩することもなく、すぐに戦闘は終わる

出遅れたら? 取り分なしのおまんまお預けかな?
そんなことはねぇ。毎週、最低額が保証された給金が振り込まれる
好きなことをやればいい、って話だ

ああ、脱出装置を確認しておけよ
死亡許容で突撃して撃墜されたら……だれも骨は拾ってくれないからよ


◆ハイドラの組み立て

じゃあ、お前が乗るハイドラはどうやって組み立てる?
ハイドラの組み立ては簡単だ。マーケットから好きなパーツをいつでも購入できる
それを組み合わせればいいだけさ

必須パーツは「脚部」、そしてお前の乗るコックピットである「操縦棺」だ
任意だが、絶対に「ミストエンジン」は装備した方がいい
出力不足になったら、まともには動けんぞ
……まぁ、まともじゃない動きをする奴にはつける薬もないがな

それ以外は、本当に自由だ

ブースターを好きなだけ積むやつ
培養装置運搬車両と化しているやつ
真面目に頭や腕を揃えているやつ

好きなように組めばいい

戦場では腕の良さも多少は影響するが、ほぼ機体性能で勝負が決まる
この機体の組み立てに全てを賭けるんだ

じゃあ、出撃だな
好きなだけ弾を撃ってこい
お前の好きなようにな

グッドラック!
明日が霧と共にあらんことを

拍手[4回]

異次元に突入した学校

深紅に染まった空
 夕暮れのような赤い教室に
  僕らは閉じ込められてしまった

妖怪の群れ
怪奇現象
そして、発狂し襲い掛かる教師たち

この赤い牢獄からは脱出不可能
くりかえし、そう放送が流れる

でも、大丈夫なんだ

なぜって?

僕は

私は

俺は……

帰宅部、だからだ
帰宅の……プロだからだ!


「クリムゾンライト・スクール・エスケーパー」

あなたは帰宅部の学生となり、脱出不可能に思えた異次元空間の校舎から脱出します

帰宅スキルを駆使し
3更新帰宅パワーを溜めます

そして帰りたさが最高潮に達した第4更新
開始から1か月後に決戦に挑みます

はたしてあなたのキャラは――この異世界から脱出できるのか!?


・クラス
あなたは4つのクラスから好きなクラスを選ぶことができます

ヤンキー……戦闘力に長け、怪異や発狂教師を撃退し、メガネの成長を助けます
ギャル………戦闘で負傷したヤンキーを回復させ、継戦能力を高めます
モブ…………モブの覚醒によって、ゲームに勝利します
メガネ………戦闘では全く役に立ちませんが、モブを覚醒させる能力を持ちます

このクラスの密度とバランスが、脱出の鍵となります

という妄想

拍手[2回]

……絶海の孤島

廃墟のコンクリート・ジャングルに集められたのは……

仮面

仮面

また仮面の、犯罪者たち

彼らは罪を犯し、収監された罪人たち
赦されるためには……
生き残るほかない!

「マスカレイド・トーナメントへようこそ!」

!ルール!
あなたは犯罪者となってこの島に来ました
初回登録時に、あなたは自らの罪を背負います
その罪の設定は、誰にも明かされない秘密です
ただし、あなたを殺したプレイヤーのみ、その秘密を見る権利を持ちます

更新期間は4更新です
3更新かけて、NPCと戦い、技術を鍛えます
そして4更新目に開かれたトーナメントで
王者の一人以外は全員死にます

そして王者の罪は秘匿されたまま、赦されるのです

因縁を持つキャラがいます
キャラクター同士で合言葉を設定することで
そのキャラ同士は因縁で結ばれ、
罪は分からないにせよ、戦闘時背景が豪華になり、何らかの因縁を感じることができます

……という妄想でした


拍手[3回]

勇者『常世神』
かつて存在した神を信仰する勇者の一派である

『常世神』は20階層からなる重圧試験階層『ガル』を本拠地とする

『常世神』の目的とは、神の復活である

いつから……
それは、神が滅びてすぐに、彼らは恐れを抱いたゆえ
神の滅びによって彼らは全ての恩恵を失い、
輝く蝶の塊となった

どこで……
それは重圧試験階層『ガル』において、神の顕現を目論む
重圧試験階層『ガル』は、魔王『ガル』の住まう場所
あらゆる試験を繰り返す術導実験場である
ここに侵攻した『常世神』は、神の実験を繰り返す

誰が……
『常世神』。それは、永遠にさまよい続ける信徒の群れ
神なき世に神を探す、無為なるものたち

何を……
神を。神の顕現を。魔王『ガル』は戦いのさなかにあった
勇者『最終試験前夜』は『ガル』と敵対する勢力であり
術導実験場であるこの階層を破壊するために生まれる
魔王『ガル』はできそこないの神を再現するため、あらゆる手を尽くした
魔神の復活。失われた神の威光。それを利用すべく、『常世神』は行動を開始する

なぜ……
それは、『常世神』が消えゆく存在ゆえ
かつての栄光は遠く、滅びに向かう『常世神』
這い上がる手は一つしかない
それは、神の復活である
いつか、彼らの願いが叶う時
神はその姿を彼らの前に表すだろう

どのように……
それは、『常世神』の最後の賭け
『常世神』はいずれ消えゆく定め
輝きと光を失い、化石となる定め
しかし、それゆえ彼らは不滅である
いつか、彼らの願いが叶う時
神はその身を彼らの内に委ねるであろう

『常世神』は歩き続ける
数多の敵を屠り、魂を流し、葬列を作る
そして、いつの日か疲れ果てて眠るだろう

眠りから目覚めるまで
いつか、彼らの願いが叶う時

黒い、水の流れる棺が、彼らの破片をつなぎとめる日まで

そのとき、神は確かに顕現するであろう


拍手[1回]

次のページ >>>
プロフィール
HN:
霧のひと
Webサイト:
性別:
男性
P R

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.