長文を流したいけど皆さんのTLを汚したくないときに使う場所です
[1]  [2]  [3]  [4
一機の重二輪が野を駆ける
そのシルエットはさながら中世の騎士のごとく
前方に伸びる騎士の槍。それは残像領域を撃ち抜く焼夷機関砲だ

彼は走り続けていた
いつまでも走り続けていた

そして、彼は一人だった

もちろん、最初から孤独だったわけではない
孤独に生れ落ち、仲間を得て、一つのユニオンを設立した

「アンセストラル・ツーリング」と名付けられたそのユニオンは、彼を中心として、10名の仲間が集まった。目的はただ一つ。戦場で金を稼ぎながら、果て無い二輪の旅を続けること

楽しい日々だった。皆が皆、思い思いに金を稼ぎ、思い思いに酒を酌み、酔いがさめれば気が済むまで走り続けた

フルフェイス・ヘルメットの内側に投影された戦況図。彼はその向こうに、いつも輝かしい日々を見ていた。もう二度と、その日々は訪れない

最初の戦死者から、すべてが壊れ始めた。家庭を得て、死を恐れた者。資金繰りに難色を示し、定職に就いた者。夢が色あせて、消えるように去って行った者

いつの間にか、彼は一人になっていた。それすらも、気付いたのはだいぶ後になってからだった

「みんな、はぐれちまったのかよ」

一人呟く。本当ははぐれてしまったのは自分だけかもしれない。この重二輪は速すぎて――車輪にしては、遅い方だったが――自分だけが明後日の方向へと突き進んでしまったのかもしれない

旅は、終わろうとしていた

彼は戦い続けた。どこまでも戦い続けた。膨れ上がる整備費。新規パーツを次々と買い求めなければ、前線で戦い続けることはできない

それが彼にとって唯一の選択肢だった。もちろん前線から逃げることはできる。安全な街で、居眠りしても完遂できるような楽なミッションを選び、惰性のままのろのろと歩いてもよかった

その方が幸せだったとしても、彼には受け入れがたい幸せの形だった

「みんな、同じ夢の形じゃなかったんだ。俺の夢の形は……この流線型の重二輪だったんだ」

もはや、彼の貯金は燃え尽きようとしていた。旅が、終わろうとしていた。受け入れがたい夢を押し付けられて麻痺するか、それとも――

『スキャン開始……ターゲット確認。迎撃してください』

一機のミサイル戦闘機が視界に映る。真っすぐに突っ込んでくる。交錯する瞬間、彼の焼夷機関砲が火を噴いた! ……が、あっけなく、それは途切れてしまった

『残弾0.リロードを開始します。敵ミサイルを感知。迎撃……失敗、失敗、失敗、失敗……』

無機質なシステムメッセージ。彼は眼を閉じて、小さく息を吐いた

「俺の夢の形は、永遠だ……これで、永遠に――」

流線形とは言い難い彼の破片は、炎と共に荒野を転がり、やがて砂礫の一つとなって、ただただ静かになっていった

拍手[4回]

回復という現象がある
ハイドラの機体が癒える現象である

今日も段ボールいっぱいの支給物がドックの荷物置き場にしこたまぶち込まれて通行不可能にしてしまう

これは組織からの支給物である。中身は全て同じの大量発注物。自分では選べない。これを組み合わせて、パーツを作る
ハイドラのパーツは訳の分からない仕組みで動く。骨と皮だけでできた腕、張りぼての頭、電源につながっていないFCS、さび付いたブースター
そんな動くわけのないガラクタが、HCS(ハイドラコントロールシステム)によって生命を吹き込まれる

まるで血が通ったように、原理も機構も無視して稼働する。そういう機体が多い。だからこそ、製作者は何も考える必要がないのだ。何も考えずに、適当に組み立てる

「今日も売れなかったよ」

遺影に向かって語りかける青年が一人。彼はいつもナノマシンばかり配達される。しょうがないので、ナノマシンの詰まった瓶をおまじないに入れて、パーツを作る

一般的に、回復機構は不人気だ

まず、戦果に直結しない。一人でのほほんと傷を癒していても、誰も褒めてくれない。そして、生き延びたいなら頑丈なパーツを組み込めばよい

誰もが彼を無視した。だが、彼のパーツを買ってくれたひとがいた

今では遺影の向こう側の彼女。駆け出しのライダーだった彼女

「いいんだ。君だけに買ってもらえたら、僕の一番はずっと君だけだ」

青年は笑い、ナノマシンの詰まった段ボールを器用にカッターで開封する。すると、そこにあったはずのナノマシンは、いつもと様子が違っていた

白い粉のナノマシンは、なぜか銀色に輝いている

「まるで月の光みたいだ」

新しいパーツのイメージが浮かぶ。シルバームーンのヘルメット。ガラクタのドームにナノマシンを振りかけて完成する。さらさらさらと、ナノマシンを振りかける

すると、目のあたりで銀の粉は光の筋を作った

「泣いているみたいだ」

ヘルメットに表情があれば、泣いていただろうか

「僕は泣かないよ」

ナノマシンはドックに流れ込んだ隙間風にあおられて、消えていく

「回復は僕の心を癒して、それから……あいつのことを思い出させるんだ。だから、僕は何度でも……回復できるんだ」


拍手[3回]

リソスフェア要塞は陥落した

機動DR部隊の波状攻撃を受けて崩壊寸前であった防衛ラインになだれ込んだのは、無数のハイドラ大隊であった

戦略地図の浮かぶ薄暗い部屋で、メルサリアはにやりと笑みを浮かべた
身体は10代の少女に見える。だが、その知識は1000年の古狐と同じである。それは完璧な人間を意味するものではない。老人の思考が衰え晩節を汚すことの多いように、メルサリアの思考にもほころびが出ていた

「もうすぐ、もうすぐだ」

まるで子供のような無邪気な笑顔。知識こそ完成していたが、彼女の思考はむしろ見かけ相応になっていた

「再起動技術、リソスフェアの遺産。私はそれを手に入れた」

子供は手に入れたおもちゃをすぐに使いたくなる。メルサリアも同じであった。戦略地図は目まぐるしく変わる。ハイドラ大隊が中枢に踏み込む、わずかばかりのトーチカを生成した後、防衛戦力は沈黙した

それはすでに1週間前の出来事。子供が同じビデオテープを何度も繰り返し見るように、メルサリアはそれを幾度となく繰り返す

再起動技術

それは残像領域に残された遺産である。一度滅びたものが、再び全盛期の力を取り戻す。その原理はもちろん分かっていない。クローン技術も、再起動技術を応用しているとされている

基礎が全く抜け落ちた、応用だけの分野である

一度撃墜された機体と、同じものを用意できる。おそらく、マーケットの主は再起動技術を完璧に保持しているだろう

メルサリアはそれが気に食わなかった

彼女はかつて一度だけ、マーケットの主と接触した。そして、「応用」だけを教えられた

「教えられるのは、それだけだ。知識の中枢には、お前の独力で辿り着くがいい」

1000年がたち、いまだ彼女は知識の底へたどり着いていない。宇宙の仕組みの基礎が分からず、応用された事象だけを観測できているようなもどかしさ

その片鱗を、手に入れた

「リソスフェアの再起動は、物質の再起動だ」

メルサリアは、少女の目を少年のように輝かせる

「再起動は一つじゃなかったんだ。恐らく、バイオスフェアにも、ストラトスフェアにも、イオノスフェアにも、再起動技術は存在する。それらをすべてつなぎ合わせることで、原初の再起動へとたどり着くことができるんだ」

メルサリアには、取り戻したいものがあった。それは、すでに滅び去ってしまったもの。それも、1000年よりはるか昔に

***

一機のハイドラが、リソスフェア上空から降り立った。メフィルクライアの指揮統制用ハイドラだ。最新鋭の戦闘システム、コネクトシステムを搭載した実験機である

「やれやれ、派手にぶっ壊しましたね」

フルフェイスヘルメットの奥の表情はうかがえない。モニターすらない操縦棺内部は闇に包まれ、無数の計器がグリーンに点滅していた

「でも、壊れないものなんて、食べないでいるケーキみたいなもので、いずれ腐ってしまうんですよ」

誰に聞かせるまでもない言葉。彼女はいま機嫌がよかった

リソスフェアの死の大地、不毛の峡谷に、再起動の影響であろうか……

要塞の跡に咲いた花は、霧に浮かぶグラジオラスであった


拍手[5回]

メルサリアは千年の夢を見ていた

千年前…窒息戦争よりさらに前。ハイドラなき時代に、彼女は生まれた
企業連盟が発足したのも、その頃だった。巨大な企業カルテル、財閥の集合体。企業が支配する人々の暮らし。その頃の景色を見た者はいるだろうか

メルサリアは知っている。その景色を。そして、その景色を知る者を

千年前の話。”老いた”メルサリアは、最初の再起動を迎えた。10代の瑞々しさを取り戻した彼女は、まず最初に関節の動きを確認した

「軽い。痛くない。上々ね」

次に呼吸と、内臓の感触を確かめた。全てが好転していた。一列に並んだ女子社員たちが服を手に、全裸のメルサリアに服を着させる。そのまま研究室を後に、ホールへと向かう

「私には、一つの夢がある」

壇上で語る言葉を、予行練習。ホールへと入ったメルサリアは、万雷の拍手で迎えられる。やっと、やっと彼女はスタートに立ったのだ

メルサリアは夢から覚めた。最初の再起動から500年後、窒息戦争のさなか。メルサリアはいまだ影の中で夢を温めていた。再起動の回数は25回を数えた

「夢を温めすぎると腐ってしまうよ」

メルサリアの友人はそう言った

「わたしは好機を待っているんだ」
「どうして? 状況はどんどん悪くなるだけだよ」

ハイドラの時代が続いていた。夢の記憶は次第に薄れていく。情熱は消えていく。興味は移ろい、跡形もなくなる

ケーブルで結ばれたバディの機体に乗り込んだ、メルサリアと友人

「領域遮断噴霧器。素晴らしい仕上がりだよ。これを見ても、わたしの夢が色あせているとでも?」

ハイドラの背中で猛烈に噴霧を繰り返す、巨大な煙突

「夢見ているものに、夢の濃度は分からないよ。酔っているもの」
「そう。なら、永遠に酔っていたいね」

目覚めるメルサリア。覚めない酒はないように、目覚めぬ夢もない。死を超えたメルサリアに突き付けられた法則。企業連盟の支配者を決める戦いが始まろうとしていた

熾天使旅団、デスケル重工、ヒルコ教団、辺境自由同盟。空席となった企業連盟指導者の後釜に座るべく、世界中から候補者が集まり、次々とライバルを蹴落とし、最後に残った5つの勢力

「ようやく、ようやく夢が叶うんだ」

再起動の回数は20年に一度から、毎年まで間隔が狭まっていた

盗まれた研究資材

バイオクイーンの暴走

企業連盟の影の支配者

友人の言葉がいつまでも胸に残る

「ハイドロエンジンは失敗作だよ」

夢が、色あせていく

「お前の夢は、失敗作だ」

最初の言葉。そこから全てが始まった

「違う!」

最後に、メルサリアは目を覚まし、現実へ帰還した。余りにも多くの人生を渡り歩いたゆえに、多重構造の夢をよく見てしまう

領域殲滅兵器

その小型模型が、ベッドの脇に飾られていた

「夢じゃない」

取り戻した全てが、そこにあった

「わたしの夢は再起動する。何度でもね」


拍手[5回]

残像領域には中央と辺境がある

その多くは荒野であり、深い霧が立ち込める残像領域
その中央部とみなされる場所には、巨大な塔が立っている

この塔は遺跡であり、誰の侵入も許しておらず、自動的に供給されるガードロボットによって守られている。これらをスクラップにして、無尽蔵の資材を手に入れられる

そのため、ひどく安い値段でロボットやパーツを作ることができる。塔のふもとにはそれを目的とした街が形成され、あえて比較するとロンドン程度の面積の巨大機械化都市となる
これが、企業連盟の本拠地である

そこから遠く離れるほど、辺境になる。どこから辺境と言うかは意見が分かれるが、機械化都市の外縁からだいたい西に5000km程行くと西方辺境と呼ばれる場所になる

西方辺境。

その中心には巨大遺跡群と、その中枢とみなされる≪月の谷≫が存在する。月の谷に向かうには、4つの要塞を攻略せねばならないだろう

西に1000km進むごとに遺跡要塞があり、1000km地点にリソスフェア要塞、2000km地点にバイオスフェア要塞、3000km地点にストラトスフェア要塞、4000km地点にイオノスフェア要塞が存在する

もちろん、残像領域に距離という概念はふさわしくない。気付いたら1時間に200kmも進んでいた事例、突然の転移、あるいは遅延。不思議なことばかりが起こる。時間と距離は人によって違うとすらいえる

月の谷。

それは遺産技術の塊である。企業連盟はその力を知っている。自らが無尽蔵のリソースを得て肥えていることを知っている
だから、月の谷は封印指定にされた。5000kmの距離は、さすがに企業連盟の目も届かない。支配下に置いたとしても、暴走、独立するのは目に見えている

月の谷周辺に住まう者たちは不服だった。目の前に御馳走があるのに、理不尽な力でそれを禁じられている。機械化都市の潤沢な資源を遠目に見ながら、力こそ全ての荒野で砂を噛む毎日

そして、禁を破った

「ねぇねぇ、昔話をしてよ」

かつて、残像領域には力が存在した

「そうだねぇ、ずっと、ずっと昔の話……」

ハイドロエンジンから分岐した、二つの力

「名前さえなくなった騎士の話だよ」

なぜ、辺境には未確認機が現れる?

「騎士はとても強かったんだよ。水の力で動く騎士さ。人々は騎士に守られて、平和な時代を過ごしていたのさ」

なぜ、残像領域には霧が立ち込める?

「ある日、誰かが思った。騎士なら、騎士を倒せるんじゃないかって。実際、そうだったのさ。騎士は騎士同士、戦い始めた……」

エンジンの設計図は、どこから来た?

「騎士は全てを破壊したのさ。後に残ったのは、すべてを失った騎士。名前すら伝承されない、DRの二文字。心臓と、剣を失い、ただ佇立する影」

あの霧笛は、どこから響いてくるのだ!?

「そして、誰かがまた思ったのさ。霧の心臓に、剣を持たせたら……騎士の代わりになるんじゃないかって」

拍手[4回]

HOME 次のページ >>>
プロフィール
HN:
霧のひと
Webサイト:
性別:
男性
P R

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.