長文を流したいけど皆さんのTLを汚したくないときに使う場所です
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
一枚の写真がある

色あせた写真だ

最後のコロッセオのメンバーである

コロッセオによる興行はここ10年ほど行われていなかった。理由は、観客のコロッセオ離れと言われている。演出的にも陳腐化し、選手からスターが生まれることもなく、先細り、ついには閉鎖されてしまった

最近のことだ。鋼鉄レギュレーション、つまりはハイドラ対通常兵器の一方的な狩りを中継し、撃墜数や戦闘時間について賭けを行ったり、応援しているハイドラの活躍をスポーツバーで見たりする

「こんなのは競技じゃない」

薄汚れたスポーツバーの片隅で、薬臭いジンライムを飲みながら、一人の男がモニターを睨み上げた。見なければいいのに、身体は熱を求めている。あの時の興奮を全てが覚えている。水のように薄いジンライムを飲んでも満たされない、そう、彼は本当のコロッセオを知っていた

「俺はチャンピオンだ」

誰にも聞こえない声で自分に言い聞かせる。彼は10年前、最後のコロッセオリーグでチャンピオンとなった
ファンも減り、スポンサーも減り、みすぼらしい優勝カップを掲げながらも、彼は確かにチャンピオンだった。彼は知っていた。本当のハイドラの戦いを

命を懸けた戦いだった。当時は跳躍レギュや飛行レギュ、索敵レギュなど複雑なルールが存在し、地下通路で、荒野で、高所で、そして競技場でテクニカルな戦いを披露していた

「本物を……見せてやりたい」

コロッセオの復活は、彼にとって耐えがたいものだった。あまりにもぬるすぎる戦い、あまりにも刺激のない展開。しかし、それこそが観客の求めていたものだった。タレントのトークや応援の読み上げで番組のほとんどが埋まる。見た目麗しいハイドラライダーの特設コーナー、ドラマティックな半生の紹介……支える家族や友人の声

「チャンピオンには……必要ない」

興行は観客を向いていなければならない。時代の流れは重々承知。けれども、彼にとってコロッセオとは暴力の檻だった

人間性を捨て野獣の牙をむき出しにして、命のやり取りをする暴力だった。それについていけなくなった観客が離れ、コロッセオは消滅した

「俺は……」

モニターが切り替わり、重大発表が告げられる。レギュレーションの発表。ハイドラ同士の戦い。名乗りを上げたエントリー者……

「俺は時代遅れだからよ……」

写真と同じだった。当時の記憶のまま、色あせていくだけの人間だった。手帳には今も写真が挟まっている。過去の栄光、過去の青春、過去の……枷

年齢的に衰えを感じる。10年という歳月は彼のすべてを奪い去ってしまった。もはや機体やライセンスすらない

ジンライムを呷る。ネオンがきらめく。彼はモニターに手を伸ばした

掴める気がした。あまりにも弱い握力で、当時の暴力を

「時代遅れだから、つい昔話をしちまうんだ」

手を下ろす。チャンピオンは席を立った。また見に来るのだろう。そして、最近の若いライダーは……と愚痴をこぼすのだろう。涙を浮かべるのだろう

けれども、彼は……また来てしまうのだ

なぜなら、彼の掴んだ栄光の瞬間は……受け継がれているからだ。今を生きるライダーに

モニターの向こうで笑うライダー。牙をむき、隠しきれない暴力を秘め

最後にモニターを振り返って、それを確かめた後、右腕を再び伸ばし、握った

栄光を掴んだ握力は衰えても……握った感触は決して忘れられない

「グッドラック。お前が新しいチャンピオンかな?」


拍手[2回]

かつて、一度だけ作製に成功したパーツがあった

彼は真面目なパーツ作製師だった
いつものようにマグスハイドラで戦況をつぶさに観察する
戦場は勉強の場だ。戦っている暇などない

装甲を貫通する威力について
人体の反応速度を超える弾速について
それを実現しそうなパーツの、実際の性能

彼は射撃火器専門作製師だった
狙撃砲を一回だけ発射
それで彼の戦果は終わった

射撃知識の豊富な彼には、よく作成依頼が飛び込む
自分で集めなくとも、最高のパーツが送品されてくる
そして、最高のパーツを作る

ある日の依頼は、違っていた

『この世のものではないほどの、煌めく刀身を持った剣』

発注ミスかと思った。間違えていると
しかし、彼は……ぞっとするほどの、興奮を覚える

「剣を……作ってみたい」

毎日、射撃火器ばかり作る日々
それが求められた仕事
自分の役割
生きる意味
存在価値

それらをすべて投げうって、役にも立たない、最高の芸術品を作る

破滅的行為に、彼はぞっとしたのだ

「やってやる」

その日は眠りを忘れるほどだった

そして一振りの短剣が完成した
黒曜石のように暗く滑らかな刀身。宇宙の星のように瞬く粒子
赤く、燃えるような熱線が張り巡らされた、火花の散る回路

それは物理でもなく
粒子でもなく
電子でもなく
火炎でもなく
……あるいは、霊障でもなく

「恐ろしいものを、作ってしまった」

彼は恐怖した
なぜか、あまりにも強すぎる
短剣を持った彼の機体は、奇妙に振動を始め、ゆっくりと空間を切り裂く

「次元潜航だ」

一瞬にしてテレポートし、不可視の斬撃を放ち、斬壊した機体を見ることもなく
再び次元潜航する

世界中の誰も知らないパーツだった
その影響を考えるだけで、彼は恐ろしくなった
戦友はみな霊障のたぐいだと勘違いしている

だが、それは明らかに制御された機械なのだ

「もう、格闘は作らない」

彼はその刃を見知らぬ土地に捨て、作製は失敗したと依頼人に伝えて、返金とキャンセル料を支払った

夢を見た

夢の中で短剣は海の中へ沈んで行った
海の底で短剣を手招く女

彼女は泡を吹きながら、一つの言葉を発した

「おかえり。超時空圧断裂装置……」

目が覚める
そして彼は、射撃を作り続けた

でも……いまでもぞっとするのだ
全てを捨てる誘惑を感じ

自らを保つ安堵を感じながら

拍手[4回]

バイオスフェアは広い草原の中心にぽつりと立っている
まるで忘れられたあばら家のように、石造りの小屋が立っているだけだ

それでもなお、要塞として機能するには理由がある
進めないのだ。そこから先へ

近づくものすべてを攻撃するバイオ兵器が、そこら中に眠っている
そう、それこそがバイオスフェアの防壁である

そして再起動によって活性化したバイオスフェアは大きく姿を変えていた
草原は失われ、代わりに現れたのは巨大な密林

残像領域に、植物はほとんど生えない
それは冷涼とした気候に加え、太陽の光を遮る霧が立ち込めているからだ

かつてバイオスフェアに挑んだ冒険家がいた
もちろん、コクーンの出現する前、再起動よりさらに前である

彼はハイドラを駆り、バイオスフェアへと侵入した
バイオスフェアは縦の構造を取る
巨大エレベーターを中心として、まるでアリの巣のように張り巡らされた倉庫への道
バイオスフェアに眠る遺産を夢見て、彼はエレベーターを降りて行った

ノイズ
そして、届くはずのない通信

恐る恐る回線をつなぐと、少女の声が聞こえた
まだ10代だろうか、甘さの残る声だ

「私の記憶を、バイオスフェアに残しておく。これで何度目か分からない。今度こそ成功する。多分、ここまでこれたのは私だろうから、聞いているのは私だと思う。じゃなかったら、私の夢を継いでほしい」

幽霊ではなかった。残存電波だ。電離層に向かって放射した特殊な電波は、電離層そのものを震わせ、記憶として残り、一定の周期で、真っすぐ電波を返す
記憶の元は、このバイオスフェア上空から放たれてエレベーターに差し込んでいた

バイオスフェアの構造を理解した者の遺産だ。冒険家は「夢を継ぐ」という言葉に胸を高鳴らせた。少女が語る夢を聞きながら、彼はバイオスフェアの奥へと侵入していった

彼は、言葉に従って、一つの夢を持ち帰った。誰にも言わなかった。それは、少女の言いつけを守った形になる。幸い、夢は彼のハイドラにドッキングする形で持ち帰ることができた。他にもたくさん違う種類の夢が転がっていたが、数が多すぎて断念した

冒険家は静かに、電波のチャンネルを合わせながら、彼女の声を拾っていた
バイオスフェアを離脱し、夜間飛行で「今」の彼女の元へ向かう

「まるでデートだな」

甘い彼女の声を聴きながら、自動操縦に切り替えて、ぬるいコーヒーの缶を開ける。彼女の語る夢は美しく、彼もまた深く共感した

アラームが鳴る。遠方に機影

「民間機かな、こっちは女の子とデート中なんだ。邪魔をしないでおくれ」

次の瞬間、警告音

反応する間もなく、彼の機体は撃墜された
黒煙を上げて、荒野に横たわる機体。今の彼女は、それを見ていた。スタッフが機体を調査している。乗員は死亡。だが、夢は大きくその形を残していた

「ミスト・アベンジャー……」

彼女は彼の機体名を静かに繰り返した。忘れることのないように、何度も。

夢は、その後、数奇な運命を辿る
当時はまだ研究資材であったその名は、「領域殲滅兵器」という夢だった

拍手[3回]

一機の重二輪が野を駆ける
そのシルエットはさながら中世の騎士のごとく
前方に伸びる騎士の槍。それは残像領域を撃ち抜く焼夷機関砲だ

彼は走り続けていた
いつまでも走り続けていた

そして、彼は一人だった

もちろん、最初から孤独だったわけではない
孤独に生れ落ち、仲間を得て、一つのユニオンを設立した

「アンセストラル・ツーリング」と名付けられたそのユニオンは、彼を中心として、10名の仲間が集まった。目的はただ一つ。戦場で金を稼ぎながら、果て無い二輪の旅を続けること

楽しい日々だった。皆が皆、思い思いに金を稼ぎ、思い思いに酒を酌み、酔いがさめれば気が済むまで走り続けた

フルフェイス・ヘルメットの内側に投影された戦況図。彼はその向こうに、いつも輝かしい日々を見ていた。もう二度と、その日々は訪れない

最初の戦死者から、すべてが壊れ始めた。家庭を得て、死を恐れた者。資金繰りに難色を示し、定職に就いた者。夢が色あせて、消えるように去って行った者

いつの間にか、彼は一人になっていた。それすらも、気付いたのはだいぶ後になってからだった

「みんな、はぐれちまったのかよ」

一人呟く。本当ははぐれてしまったのは自分だけかもしれない。この重二輪は速すぎて――車輪にしては、遅い方だったが――自分だけが明後日の方向へと突き進んでしまったのかもしれない

旅は、終わろうとしていた

彼は戦い続けた。どこまでも戦い続けた。膨れ上がる整備費。新規パーツを次々と買い求めなければ、前線で戦い続けることはできない

それが彼にとって唯一の選択肢だった。もちろん前線から逃げることはできる。安全な街で、居眠りしても完遂できるような楽なミッションを選び、惰性のままのろのろと歩いてもよかった

その方が幸せだったとしても、彼には受け入れがたい幸せの形だった

「みんな、同じ夢の形じゃなかったんだ。俺の夢の形は……この流線型の重二輪だったんだ」

もはや、彼の貯金は燃え尽きようとしていた。旅が、終わろうとしていた。受け入れがたい夢を押し付けられて麻痺するか、それとも――

『スキャン開始……ターゲット確認。迎撃してください』

一機のミサイル戦闘機が視界に映る。真っすぐに突っ込んでくる。交錯する瞬間、彼の焼夷機関砲が火を噴いた! ……が、あっけなく、それは途切れてしまった

『残弾0.リロードを開始します。敵ミサイルを感知。迎撃……失敗、失敗、失敗、失敗……』

無機質なシステムメッセージ。彼は眼を閉じて、小さく息を吐いた

「俺の夢の形は、永遠だ……これで、永遠に――」

流線形とは言い難い彼の破片は、炎と共に荒野を転がり、やがて砂礫の一つとなって、ただただ静かになっていった

拍手[4回]

回復という現象がある
ハイドラの機体が癒える現象である

今日も段ボールいっぱいの支給物がドックの荷物置き場にしこたまぶち込まれて通行不可能にしてしまう

これは組織からの支給物である。中身は全て同じの大量発注物。自分では選べない。これを組み合わせて、パーツを作る
ハイドラのパーツは訳の分からない仕組みで動く。骨と皮だけでできた腕、張りぼての頭、電源につながっていないFCS、さび付いたブースター
そんな動くわけのないガラクタが、HCS(ハイドラコントロールシステム)によって生命を吹き込まれる

まるで血が通ったように、原理も機構も無視して稼働する。そういう機体が多い。だからこそ、製作者は何も考える必要がないのだ。何も考えずに、適当に組み立てる

「今日も売れなかったよ」

遺影に向かって語りかける青年が一人。彼はいつもナノマシンばかり配達される。しょうがないので、ナノマシンの詰まった瓶をおまじないに入れて、パーツを作る

一般的に、回復機構は不人気だ

まず、戦果に直結しない。一人でのほほんと傷を癒していても、誰も褒めてくれない。そして、生き延びたいなら頑丈なパーツを組み込めばよい

誰もが彼を無視した。だが、彼のパーツを買ってくれたひとがいた

今では遺影の向こう側の彼女。駆け出しのライダーだった彼女

「いいんだ。君だけに買ってもらえたら、僕の一番はずっと君だけだ」

青年は笑い、ナノマシンの詰まった段ボールを器用にカッターで開封する。すると、そこにあったはずのナノマシンは、いつもと様子が違っていた

白い粉のナノマシンは、なぜか銀色に輝いている

「まるで月の光みたいだ」

新しいパーツのイメージが浮かぶ。シルバームーンのヘルメット。ガラクタのドームにナノマシンを振りかけて完成する。さらさらさらと、ナノマシンを振りかける

すると、目のあたりで銀の粉は光の筋を作った

「泣いているみたいだ」

ヘルメットに表情があれば、泣いていただろうか

「僕は泣かないよ」

ナノマシンはドックに流れ込んだ隙間風にあおられて、消えていく

「回復は僕の心を癒して、それから……あいつのことを思い出させるんだ。だから、僕は何度でも……回復できるんだ」


拍手[5回]

HOME 次のページ >>>
プロフィール
HN:
霧のひと
Webサイト:
性別:
男性
P R

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.