長文を流したいけど皆さんのTLを汚したくないときに使う場所です
[1]  [2
冷たい

寒い

凍える

第6ブロックは、そんな場所だった。霜が降りたダンジョンがどこまでも続く。電気式ランプは、冷たい光を放ち、指先さえ温めない。歯が鳴る。霜を踏む音。足跡が続いている。自分の前方に続く足跡。四足獣の足跡。

「どうしてこんなことに」

つぶやきが漏れた。激動の時代だった。ダンジョンのあったはずの秩序が突如消滅したのだ。それまで、暗黒の時代を超えて、築いた文明、経済、法が、一瞬にして消え去った。

カガクシャと名乗る謎の知識階層。デバステイターと呼ばれる、無機質な軍隊。彼らは滅びの光を身にまとい、ダンジョンの秩序を消し去ってしまった。

まず最初に、流通が止まった。経済でもって結束した社会が、壊されてしまった。デバステイターの破壊によって、商品が届かなくなり、人々は飢えた。

次に、貨幣が意味を持たなくなった。そんなものはデバステイターに対し、無力だった。弱肉強食の時代が始まった。それは残酷な時代だった。飢えた人々は、略奪を始めた。

そして、いつしか法が意味をなさなくなり、そんなものは幻想だと皆が思い知った。暴力こそが絶対的な力となり、人々は最も強い暴力のもとに集った。

歴史に残らない、暗黒の時代――それが再び訪れた。そして、幾年もの時間が過ぎ、ようやく人々は秩序を取り戻した。

その時代に何が行われたのが、どんな血が流されたのが、今ではわからない。ただ、平和が訪れた。限定的であったが……ようやく、人々は安心して暮らせるようになったのだ。


――


超深海『スーパーデプス』、その上空『虚空領域』、そのさらに上……天にふたをする世界の鍋蓋、できそこないの吊り天井。『底抜け天井』もまた、暗黒時代を乗り越え、新たな指導者の下、秩序を取り戻した階層だった。


ダンジョンに広く約束された秩序こそないが、分断されたそれぞれの階層で、断絶したそれぞれの独特な秩序が生まれていた。

『天球統率者』……それが、この『底抜け天井』階層の支配者であり、指導者であった。彼の目指した秩序は厳しい階級制の世界で、能なきものは、下位の階層に放逐され、やがてボロボロの天井から抜け落ちるように、虚空領域の虚無の空へと零れ落ちていった。そんな世界だった。


――


「おれはまだ、零れ落ちるわけには……」

言葉が続かない。強烈な吹雪が、彼を襲っていた。魔法の風雪である。前方に光放つ人影。冷たく彼を見据えていた。

勇者。

遥か古来より息づく、伝説の血統。魔王を破壊するために存在する影にとっての光。そして、魔王である彼を狙う、圧倒的存在。すでに、この冷光の勇者は、彼のそばまで近づいていた。

勇者がもう数歩踏み込めば、彼は打ちのめされ、さらに下位の階層へと零れ落ちるだろう。

「おれは……」

疲れ果てていた。魔王の力を受け継ぎ、護ってきた。かつて、神々とともに世界を作った魔王。それが今や、こうして競争社会の中選別され、打ちのめされている。

「もう……」

電気式ランプを落とし、彼は膝をついた。ミシミシとダンジョンがきしむ。このダンジョンの底が抜ければ、もう後は落ちるだけだ。

目を閉じる。

轟音。

振動。

そして――。

「おれはもう、お前を――捉えている!」

地面を割って飛び出した四足獣! 冷光の勇者は一瞬光を点滅させた後、自分の足場が崩れ去ったことを知り――彼を見ただろうか――伸ばした手は空を切り、虚空領域へと真っ逆さまに落ちていった。

勇者のことだ。また涼しい顔をして復活を果たすだろう。とりあえず今日は、切り抜けたということだ。

冷気を纏った四足獣は、主人の足元にすり寄り、体をこすりつける。

「つめてぇっての」

魔王はゆっくりと歩き出した。四足獣を連れて。はじまりはいつも最下層。彼の隣にはいつも――

『あなたのビースト』がいた



拍手[5回]

勇者『常世神』
かつて存在した神を信仰する勇者の一派である

『常世神』は20階層からなる重圧試験階層『ガル』を本拠地とする

『常世神』の目的とは、神の復活である

いつから……
それは、神が滅びてすぐに、彼らは恐れを抱いたゆえ
神の滅びによって彼らは全ての恩恵を失い、
輝く蝶の塊となった

どこで……
それは重圧試験階層『ガル』において、神の顕現を目論む
重圧試験階層『ガル』は、魔王『ガル』の住まう場所
あらゆる試験を繰り返す術導実験場である
ここに侵攻した『常世神』は、神の実験を繰り返す

誰が……
『常世神』。それは、永遠にさまよい続ける信徒の群れ
神なき世に神を探す、無為なるものたち

何を……
神を。神の顕現を。魔王『ガル』は戦いのさなかにあった
勇者『最終試験前夜』は『ガル』と敵対する勢力であり
術導実験場であるこの階層を破壊するために生まれる
魔王『ガル』はできそこないの神を再現するため、あらゆる手を尽くした
魔神の復活。失われた神の威光。それを利用すべく、『常世神』は行動を開始する

なぜ……
それは、『常世神』が消えゆく存在ゆえ
かつての栄光は遠く、滅びに向かう『常世神』
這い上がる手は一つしかない
それは、神の復活である
いつか、彼らの願いが叶う時
神はその姿を彼らの前に表すだろう

どのように……
それは、『常世神』の最後の賭け
『常世神』はいずれ消えゆく定め
輝きと光を失い、化石となる定め
しかし、それゆえ彼らは不滅である
いつか、彼らの願いが叶う時
神はその身を彼らの内に委ねるであろう

『常世神』は歩き続ける
数多の敵を屠り、魂を流し、葬列を作る
そして、いつの日か疲れ果てて眠るだろう

眠りから目覚めるまで
いつか、彼らの願いが叶う時

黒い、水の流れる棺が、彼らの破片をつなぎとめる日まで

そのとき、神は確かに顕現するであろう


拍手[1回]

「下の階層でドラゴンが目覚めそうだ」
「天使の集団が32階層上で失踪したらしい」
「今年のトレンドは……猫の置物!」

酒場で交わされるたわいもないウワサ
ウワサはどこまでも広がり、形を変え
信憑性を失っていく

【禁忌指定1号】は魔王だった
彼は、その日も酒場で広域メッセージを聞いていた
彼は酒場でのささやきが好きだった

彼はどこへも行かず
想像の世界を旅していた
その日も、噂を聞きに酒場へとやってきた

「カガクの力って?」
「この世はドラゴンの見る夢のかけら」
「ドゥルガー試験を目指す君へ……」

無数に流れゆく噂に、彼は一つの言葉を聞いた

「黄金の楔は、すでに破壊された」

その時彼は、持っていたグラスを落としてしまった
慌てて零れた飲み物を拭く

確かに聞いた
確かに聞いたのだ

”黄金の楔は、破壊された”ということ

「そんなはずはない」

虚空を見下ろした【禁忌指定1号】は、震える手で机をぬぐった

黄金の楔

それは、この世のルールである

神なき世に我々は経済を新たな神とし、黄金の担い手となることを――

つまりは、この世の全てのいざこざをお金で解決しよう
というルールである
そして、オーバーロードナイトと呼ばれる魔法鉱石の力で作られたのが
黄金の楔である
そして、あらゆる係争はお金で解決できるようになった

勇者がモンスターを殴るなら、お金を支払わなくてはならない
勇者がダンジョンからアイテムを持ち出すなら、お金を支払わなくてはならない
魔王が村を焼くなら、住民を退避させ、お金を支払ってから焼く
魔王は四天王結成の際に、雇用契約を結び給料を支払わなくてはならない

そう決まったはずだ
決まったはずなのに

「黄金の楔は、すでに破壊された」

【禁忌指定1号】の好奇心が刺激された

もしかして
もしかすると

今この瞬間酒場を焼いても
お金を支払わなくていいのでは
焼け死ぬ誰かのことを考えなくてもいいのでは

……本当は、お金のルールなんか形式上のもので
本当は、本当は、本当は――自由なのでは?

試したく
なってしまったのだ

【禁忌指定1号】はそのようにして、3つの階層を炎で焼き尽くした
気付いたのだ
だれも、彼を止められないことに

「黄金の楔は……どうなっているんだ?」
「お金ですべて解決できるはずじゃなかったのか?」
「金ならいくらでも出す!た、助けてくれ……」

不安がダンジョンでささやかれたころ
動き出したものがいた

彼らこそ、カガクシャ
そして、【禁忌指定1号】を抹消し、不安はただの荒唐無稽な噂に変わった
あらゆる脅威を、ただの噂に変えていく
1号から10号まではそれでよかった
だが、11号のアンデライト魔王は……そうはいかなかった

知られてはいけない
それをカガクシャは知っている
どこかでまた、噂話

「黄金の楔は、破壊されたよ」

それを、カガクシャは、知っているのだ

拍手[0回]

生まれた時からファイターで
死ぬときまできっと


・・・・・・・


彼はファイターとして生まれた
ファイターというモンスターは人間に似ている
器用貧乏な性能と評される
目立たず、光の当たらない種族

彼は、ダンジョンをさまよっていた
彼を雇ってくれる魔王、それを探して

ガチャガチャ鳴る鎧
錆びて鞘から抜けなくなった剣
気付けばこんな姿になっていた

「生まれたときは、みな輝いていたのに」

愚痴る声も闇に消える
ほの暗いランプの光は足元まで届かない


・・・・・・・


そもそも、魔王は消えようとしていた
原因ははっきりしている

カルマの神≪ベネリウム≫
そして、禁忌選定委員会

ベネリウムは世界の破滅を予見し
禁忌選定委員会はその原因を調査した
そして、一つの結論を出す

原因は、一人の魔王であると

世界が滅びるなら、魔王である意味がない
なぜなら、財宝を魔王城に溜め込んでも、無意味だから
ほとんどの魔王はそう考え、勇者に転職し、散財を始めてしまった

だって、勇者ならアイテムを好きなだけ買って
モンスターを虐めて
どんどんレベルアップして
楽しい暮らしを送ることができるから

魔王なんてつまらない
勇者をもてなして
勇者に満足してもらって
自分を押し殺し、勇者の立役者になって
苦痛の対価とばかりにお金をもらうだけ

そのお金も意味がなくなる。世界が滅びるから

だから、魔王は消えていく

そして、彼の居場所も、消えていく


・・・・・・・・・


孤独なファイターが、職場を探してダンジョンを歩き続けていた

彼の居場所はない。少なくなった魔王の元へは、もっと優秀な護衛が名乗りを上げて、彼のような器用貧乏な護衛はなかなか雇用されない

ランプの油がじりじりと焦げてきた。もうすぐ消えてしまうだろう
最後に、最後に彼は願った

「頼む、俺を認めてくれ……世界に、俺の居場所があるって、証明してくれ……」

疲れ果て、彼は歩みをやめた。ランプの灯が消える
闇の中、狼がやってきて、彼の身体を食いつくしてしまうだろう
そんな、はぐれ護衛たちを何度も見てきた

雑巾のように汚れた衣装のまま、うずくまるプリンセス
骨と皮だけのようなビースト
喚き声を上げて自爆したボマー

みな、最後は狼の餌になってしまった
静かに、彼は自らをそれに重ねて、涙した



彼は顔を上げる
ダンジョンの闇にまばゆいネオンサイン
四畳半の領域が姿を現す
魔王だ
魔王がやってきたのだ

「まさか」

「南にベッドを、東に書を。西へゆくものに、迷宮の道を」

シルクハットをかぶった紳士が、ネオンサインを身にまとい立っていた

「硬質に一つ足りない。きみ、接客はできるかね?」

「どうして、俺を、見つけて……」

紳士はにやりと笑う

「ひとつ、マーケットの主が、私を導き」
「ふたつ、君が……ここまで、歩いてきたからだよ」



拍手[5回]

魔王がなぜ魔を冠するのか
それについては第一紀と共に失われてしまった

魔王がなぜ虚の王権を持つのか
それについても第一紀と共に失われた

ある者は言う
「魔王城に住むから魔王なんだよ」と

では、魔王城とは何か

それは魔王の――支配領域である

ゆえに、魔王は魔を冠し
自らの領域の王権を持つ

- - - - - - - ここから - - - - - - -

私は目を覚ました
目覚まし時計はデッドライン
跳び起きて布団を跳ね飛ばし、
急いで歯を磨いて顔を洗う
朝の支度は超特急。各駅停車なんてやっていられない
丁度今、朝食駅をすっ飛ばし通過したところ

ベストなドレス、ベストな眉を書き
超高速で店を「展開する」

間に合った。すぐさま、勇者たちがなだれ込む
ここはダンジョン6423階層の一角
繁華街に隣接しているから、ついでの買い物で寄る勇者も多い

勇者は見たはずだ。ダンジョンに無造作に取り付けられた扉を開く
その先に広がる、岩山の尾根道
剣の頂にそびえる針山のような無数の尖塔

そう、時空が歪んでいるのだ
ドア一つ先は、魔王の領域

尖塔からの眺めは素晴らしい
尾根道を突進してくる勇者たち

彼らは知るだろう
この魔王城で待ち受ける……エッグベネディクトの味を

- - - - - - - ここまで - - - - - - -

この間僅か四畳半
魔王は魔であるからして、魔の領域を持つ
魔王は王であるからして、魔の領域を支配する

その大きさを測るとするなら、畳にして4つと半

これは神なき世の、聖なる魔の時代
魔の領域はやがて消えゆく灯となり
照らすは闇のダンジョン9999階層

――聖魔領域永劫環境化計画
それは、繰り返す世界に終止符を打ち
すべてを幸せのうちに報いるはずだった

――他化自在天制御体系
それは、全てを思いのままに
それは、心魂を輪廻の棺に委ね
それは、いまだ完成せず

それは――円陣で動いていた


拍手[5回]

HOME 次のページ >>>
プロフィール
HN:
霧のひと
Webサイト:
性別:
男性
P R

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.