霧の残像領域

長文を流したいけど皆さんのTLを汚したくないときに使う場所です

ゼロのコラム『焼却』
炎が燃える
逃げ惑う人々

これでよかったんだ
これで……

彼は、魔王である
魔王は、魔法使い種族の中でも最も古い一族である
その力は創造と支配

けれども、その歴史はいま黄昏の時を迎える
一度は、魔の王として君臨し、あらゆる富を独占した
それが、あの――スーパーデプスを貫いた破壊の光のその後に
全てが失われてしまった……何もかも

彼の目の前には、家が焼け、崩れる村人がいる

これで同じだ
僕と同じだ

彼は、どうしようもなく昏い気持ちのまま静かにそれを見ていた
失われた
全て失われた

富が失われるのは一瞬
財産も一瞬
命も一瞬である

彼は、村を焼いた
焼きつくし、奪いつくした
必要に駆られてではない
止めるものがいなかったからだ

村人は抵抗もできずに、燃える全てを見ている
いつからだろう
富は築くものから、奪うものになった

彼は奪われてきた
何もかもを、世界から取り上げられた

そして、惨めな気持ちのまま、500年が過ぎていた
もう、奪われ続けるのは嫌だ

奪うのは、僕だ

振り向いて、炎を背に歩き出す

どうしてだろう、渇きが癒えない
飢えを感じたまま、歩き続ける

こんなにも惨めな気持ちは
こんなにも無力な自分は
何を奪えば打ち消せるのだろう

魔王の栄光は
幸せな日々は
何を奪えば手に入るのだろう

そんなものはない
そんなものは、ゼロだ

彼は、静かに魔王領域へと帰還した
そして、空虚な玉座に腰を掛ける

「僕はもう、壊れてしまったんだ」

壊れてしまったものは
二度と元には戻らない

何を奪っても
何に手を伸ばしても

もう何もないのだ

拍手[2回]

コメント

コメントを書く