霧の残像領域

長文を流したいけど皆さんのTLを汚したくないときに使う場所です

【風の門】をくぐって
風の門
そこは風が吹き抜ける場所
二度と戻らぬ風を送る場所


******


彼女はタワー港湾部の岬に立ち、はるか水平線を眺めていた
ここからは南の空がよく見える
日は沈みつつあり、夕暮れの涼しい風がそよいでいた

風の門――

タワー南の船着き場の俗称である
ここはまるで橋のようにどこまでも南に延びている
そして巨大な防波堤を築いている

まるでサンゴ礁のように幾重にも張り巡らせた防波堤は
要塞のように、南から来る脅威を防いでいた

タワー防衛戦略

残された、錆びついた世界で
外敵から身を護るためにタワー住人が築いた防壁である
防波堤の各所には砲台が設置されており、
通りかかる船を威圧していた

敵は四方から来る
それを防ぐために、タワー四方には防衛要塞が築かれていた
北にはコロッセオ・レガシィ空母船団
東にはヒルコ・トリフネ空母船団
西には古代要塞サルガッソー
そして、南にはこの防壁である

タワーの貴重な平穏を護るために
防壁は偉大なる役目を果たしていた

彼女は、幾人もの戦士を見送り育ってきた
そして彼女もまた齢25になり
とうとう出陣の日がやってきたのだ

翌朝、彼女はこの風の門を越えて
南海へと征く

岬の地面に腰を下ろし、南の宵空をいつまでも眺めていた
空には巨大天体
星の海が広がり、水平線に溶けて消えている
美しい世界だと思う
そこに死さえなければ

「私は、戦えるだろうか」

不意に彼女の口から言葉が漏れる
自分に言い聞かせるように

彼女の後ろから歩み寄る影がいた

「ほう、戦うのが不安かね?」

振り返ると、シルクハットの紳士が一人、灯台の陰から姿を現していた
顔は闇に紛れて見えない

「誰?」
「半人前……とでも言おうか」
「なにそれ」

紳士はシルクハットを脱ぐ
するとその中から流星が飛び出し、
頭上を一旋してまたシルクハットに戻っていった

「なんなの?」
「半人前だよ、ただの」
「手品師の半人前ってこと?」
「そういうこと」
「絶対違うし」

顔をよく見ようと、彼女は紳士に近づく
しかし、紳士はゆっくりと後ずさる
いくら歩いても、距離は縮まらず
彼女はようやく、自分が一歩も進めていないことを知る

「不思議なひと」
「よく言われるよ」
「何しに来たの?」
「お祝いに来たのさ」
「死に行くことが?」

紳士はもう一度、シルクハットを取る
するとハトが夜空に打ち上がり、
一つの星になった

「25歳の誕生日おめでとう」
「祝われたのは、今日はじめてよ」
「そうか、一番乗りだな」

紳士は再びシルクハットを被る

「世界は変わる。2度とない24歳を超えて、君の25歳が始まる」
「……」
「不安かい?」
「ちょっとは」
「君は風だ。風が迷うことはあるかね? 君はどこへでも行ける。風は、君を乗せてどこまでも吹き抜ける」
「私は戦いに行くほかない」
「戦いの中でも、君の心は……世界に風となって駆け抜ける」

次の瞬間、突風が吹く。彼女の身体を押し上げて、
彼女は高く高く舞い上がる!

どこまでも高く上がっていく
タワーの灯が星のように小さくなる

やがて、先ほど星になったハトが、彼女の肩に止まる
下を見下ろすと、世界がまるで手に取るように見えていた

「これは……」
「飛び方は教えたぞ」
「あんたが飛ばしたんでしょ!」
「いつでも飛べるさ。君は風なのだから」

気づけば、彼女は岬に寝転んで朝日を浴びていた
夢だったのだろうか
しかし――

目を閉じると見えるのだ
地上を見下ろして、世界を駆け抜ける自分の姿が

そう

何度でも


拍手[0回]

コメント

コメントを書く