霧の残像領域

長文を流したいけど皆さんのTLを汚したくないときに使う場所です

空母船団【コロッセオ・レガシィ】
タワー北部をさまよう巨大空母船団
それは昔からこう呼ばれていた

――コロッセオ・レガシィ

かつての民を、この虚空の海に導いた船


******


彼はこの空母船団の一つ、
「霊場B=12・A」に生まれた
それから24年。彼はここから出ることなく暮らしている

全てが錆びついていた
シャワーから出るのは錆臭い水
毎日の食事には缶詰の総合栄養食
人の気配は少ない
死んだように彷徨う幽霊船

おとぎ話を聞いていた
かつての人々の話

500年前、一つの大戦争が起きた
結果、世界は滅びつくされた
でも……戦争を起こした人々は、この世界から逃げ出した
理想を……平穏の永劫を手に入れるために
架空の夢の世界へと消えたという

残されたわずかな人々は、この錆びた世界で
緩やかに滅びつつある
そんな話を聞かされていた

彼は朝食を終え、船内労働施設へと赴いた
ここでは、船団を維持するための労働を行う
すでに30幾つの船が沈んでいる
船が沈まぬように、船を維持する労働

今日の彼は、船団防衛に赴くことになった

拳銃のベルトを装着し、ボロボロの戦闘機械に乗り込む
二本の腕にのこぎりを装備した格闘機体だ
ビープ音
日に焼けた液晶画面にメッセージ
《オハヨウ メハサメタカ? シートベルト シメヤガレ》
ため息をつき、シートベルトを装着する

戦うのには理由がある
運悪く、今日はそれを思い知る日となった

サイレンが鳴る。訓練を切り上げ、彼は海へと飛び出した
格闘機体は水しぶきを上げて、海の上をすべる

03式パルスバッテリーのもたらす水上浮遊効果だ
操縦レバーを握る。汗で滑る感覚。呼吸を整える
よりによって、自分の当番の時に「来る」とは

《テキ セッキン カクゴ シヤガレ》

海の向こうから接近する影
まるで自分と似ている機体

あれが何なのか知らない
ただ、船を沈める存在ということは分かる

冗談じゃない
こんな滅びた世界に残されて
死の危険に晒されていて
生き残っても得るものなどありはしない

のこぎりを回転させる
チャンスは一瞬。敵を切り刻むか
自分が不可思議な何かで爆散させられるかだ

間合いを測りながら、謎の機体と追いかけっこをする
ふと、夢の世界に逃げた人々を思う
彼らは幸せだろうか

おとぎ話では、彼らは幸せな結末を得るために
世界を何度もやり直すために
世界から姿を消したという

「俺だって、やり直したい」
「成功するまで、何度だっても……」

しかし、チャンスは一瞬なのだ
失敗すれば、それで終わり

「やるしかないんだ」

ふいに影の機体の動きのパターンが変わる
仕掛ける気かもしれないと、彼は恐れた
チャンスは今しかない

「行く……しか」

突然、彼の機体のスピーカーから音がする
若い少女の笑う声
何かを語り合う、幸せそうな声

どこかからの混線だろうか
しかし、こんな幸せそうに笑う人など、この世界にはいない

次の瞬間、世界がぶれて見える
極彩色のイメージが目の前に広がる

全く同じ自分の機体なのに
様々な幸せそうな写真が飾ってある
操縦レバーを握る手は、少女のように細い
そして両腕にあるのはのこぎりではなく、様々なジャンク品

「もしかして、夢なのか……?」

夢の世界を見ているのか?
もうすぐ夢の世界に行けるのか?
そして、自分はもう一度、やり直して、
幸せな結末を……

ビープ音
日に焼けた液晶が見えた
紛れもなく、錆びだらけの自分の機体の
《テキ セッキン ユメハマボロシ メヲサマセ》

「ああ……あああああ!!」

操縦レバーを振り下ろす!
回転のこぎりが影の機体を捉え、両断した
一瞬だった
あまりにも長く思えた幻惑は、一瞬だったようだ

もしかしたら、行けたかもしれない
夢の世界に逃げ込めたかもしれない
けれども……

「俺には、この一瞬しかない」

「錆びた世界で、生きることが、俺の……」

言い訳は思いつかなかった
ただ、彼は思ったよりもこの……錆びた世界が好きなのかもしれないと
思い始めていた

思いは、捨て去るときに最も高まる
もし捨てられないのなら、それはそれで、美しいのかもしれない

《オメデトウ ナカナカヤルナ テキゲキハ》


拍手[0回]

コメント

コメントを書く