霧の残像領域

長文を流したいけど皆さんのTLを汚したくないときに使う場所です

グレムリンズギフトⅠ chapter1 『到達点』 sectionB
……


いつまでも到達しないのは苦手だ。いつかは辿り着いてほしい。できれば早く。誰もがそう思うだろう。そして、私もそうだ。しかし、全速力で行けるかというと、そうではない。ひとは、どこが最短距離か掴むことは難しく、体力は有限だ。

「見定めなければならないな」

私はそう思いながら、この植物園の中にいた。心地よい日差しがガラスの天井から降り注ぎ、奇妙な植物の群生を照らしている。たしかに、最高の瞬間だろう。花の香り、湿度の高い空気。木々の匂い。生命に溢れた場所だ。そして、ここに入れるのは限られた人間のみ。優越感、至福の感情が沸き上がってもおかしくはない。私以外は。

「カザミサ。不服そうだね」

一人の男が草を踏みわけながら歩いてくる。私はこの男をあまり知らない。一つ言えることは、この男の名はケイジキーパーNo.2《リヴ》。テイマーズケイジ中枢に名を連ねる男。それ以外は、よくわからない。納得はできない。こんなところに呼び出しておいて。

「植物に興味はないです」

興味があるのは、もっと心を輝かせる何かである。決して、こんな緑の湿った静かな生き物ではない。No.2は――《リヴ》というのはあまり呼ばれる名ではない。皆彼をNo.2と呼ぶ――は、隣に生えている大きな草よりも頼りない痩身を、まるで木の葉のようにひらひら動かしながら大げさにジェスチャーした。

「ああ、何たることだ。ここの植物たちは、コンテナからかき集められた種子を幾重にも連なる研究でもって発芽させた、奇跡の――異世界の生き物だというのに」

「興味はないですね。食べられるのなら、味は気になるけど」

雑談に興味はない。見定めなくてはならない。最短距離をだ。すなわち、無限の果てに見える世界を。

「今日のご用件は何でしょうか」
「そう他人行儀にならなくてもいいよ。選ばれた君には、選ばれたなりの――力がある」

No.2はシャツの胸ポケットから一つのカードを取り出し、私に手渡した。それは銀色に輝いていた。ただの金属のプレートに思える。表面には、9999の刻印。なんの意味があるのかはわからない。No.2は、その疑問に答えてくれた。

「ダスト・グレムリンのライセンスだ。正式に発行された。表面の刻印は君のFPだ」
「FP……」

フェイタルポイント。運命到達点。死への距離を表したものだという。No.2はいつものようにニコニコと笑って、ひらひらと舞うようなジェスチャー。

「君は絶対に死なない。ダスト・グレムリンに選ばれたのだから」

私はぎょっとした。No.2が一瞬酷く悲しそうな顔をしたのだ。見間違いだろうか。いまは、ニコニコとしている。

「何なんです?」
「何が?」
「ダスト・グレムリン」

No.2は困ったような顔をした。言葉を選んでいるのだろうか。しばらくの沈黙。鳥の鳴く声。植物園の住人だろうか。やがて、徐にNo.2は口を開く。

「虚空領域永劫化――まぁ、つまりは、この世界を……」
「世界を?」
「永遠にする、ということだよ。虚空領域は永遠になる」

意味が分からないが、ひとつの兵器がそのようなことを可能にするというのだろうか。そのとき、No.2が何かを呟いた。聞き間違いだっただろうか。

「いま、なんて?」
「いや、何でも。ただ、これは契約違反なんだけど、フェアじゃないと思ってね」
「何のことか分かりません」
「分からなくていい。いまは。言葉は遅延して届くはずだ。僕がいなくてもね」

また何を聞いてもはぐらかされそうな気がして、私は口をつぐんだ。No.2はにこりと笑って、その場を後にした。先ほどの呟きが、渦巻いていた。

《君も永遠になる。君以外の全てを到達させることで》

到達……死をも意味する言葉。そんなことはないと思うほかない。自分以外の全てが……死ぬことなどないのだから。

>>next sectionC

拍手[4回]

コメント

コメントを書く