長文を流したいけど皆さんのTLを汚したくないときに使う場所です
[45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35
メルサリアは千年の夢を見ていた

千年前…窒息戦争よりさらに前。ハイドラなき時代に、彼女は生まれた
企業連盟が発足したのも、その頃だった。巨大な企業カルテル、財閥の集合体。企業が支配する人々の暮らし。その頃の景色を見た者はいるだろうか

メルサリアは知っている。その景色を。そして、その景色を知る者を

千年前の話。”老いた”メルサリアは、最初の再起動を迎えた。10代の瑞々しさを取り戻した彼女は、まず最初に関節の動きを確認した

「軽い。痛くない。上々ね」

次に呼吸と、内臓の感触を確かめた。全てが好転していた。一列に並んだ女子社員たちが服を手に、全裸のメルサリアに服を着させる。そのまま研究室を後に、ホールへと向かう

「私には、一つの夢がある」

壇上で語る言葉を、予行練習。ホールへと入ったメルサリアは、万雷の拍手で迎えられる。やっと、やっと彼女はスタートに立ったのだ

メルサリアは夢から覚めた。最初の再起動から500年後、窒息戦争のさなか。メルサリアはいまだ影の中で夢を温めていた。再起動の回数は25回を数えた

「夢を温めすぎると腐ってしまうよ」

メルサリアの友人はそう言った

「わたしは好機を待っているんだ」
「どうして? 状況はどんどん悪くなるだけだよ」

ハイドラの時代が続いていた。夢の記憶は次第に薄れていく。情熱は消えていく。興味は移ろい、跡形もなくなる

ケーブルで結ばれたバディの機体に乗り込んだ、メルサリアと友人

「領域遮断噴霧器。素晴らしい仕上がりだよ。これを見ても、わたしの夢が色あせているとでも?」

ハイドラの背中で猛烈に噴霧を繰り返す、巨大な煙突

「夢見ているものに、夢の濃度は分からないよ。酔っているもの」
「そう。なら、永遠に酔っていたいね」

目覚めるメルサリア。覚めない酒はないように、目覚めぬ夢もない。死を超えたメルサリアに突き付けられた法則。企業連盟の支配者を決める戦いが始まろうとしていた

熾天使旅団、デスケル重工、ヒルコ教団、辺境自由同盟。空席となった企業連盟指導者の後釜に座るべく、世界中から候補者が集まり、次々とライバルを蹴落とし、最後に残った5つの勢力

「ようやく、ようやく夢が叶うんだ」

再起動の回数は20年に一度から、毎年まで間隔が狭まっていた

盗まれた研究資材

バイオクイーンの暴走

企業連盟の影の支配者

友人の言葉がいつまでも胸に残る

「ハイドロエンジンは失敗作だよ」

夢が、色あせていく

「お前の夢は、失敗作だ」

最初の言葉。そこから全てが始まった

「違う!」

最後に、メルサリアは目を覚まし、現実へ帰還した。余りにも多くの人生を渡り歩いたゆえに、多重構造の夢をよく見てしまう

領域殲滅兵器

その小型模型が、ベッドの脇に飾られていた

「夢じゃない」

取り戻した全てが、そこにあった

「わたしの夢は再起動する。何度でもね」


拍手[5回]

この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
霧のひと
Webサイト:
性別:
男性
P R

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.