長文を流したいけど皆さんのTLを汚したくないときに使う場所です
[60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50
20回調整の狙いについて一つ一つ解説していきます

・超加速、超旋回の仕様変更
…これは以前の記事で解説したとおり、アセンブルの幅を制限してしまうため撤廃します

・榴弾砲、プラズマ砲に[衝撃]を付与
…これは比較的地味な位置に落ち着いている二つの火器に、アクセントとして特殊効果を付与し、使用率を上げる狙いがあります

・粒子爆雷、電磁アンテナの火力強化
…これは比較的地味な位置に落ち着いている委員長みたいな二つの火器に、採用レベルの火力を与えるための調整です

・ボルトアンカー、焼夷機関砲A、ナパーム砲の防御値と弾数を強化
…これは比較的押しが弱いために負ける幼馴染ヒロインみたいな三つの火器に、火炎放射器に匹敵する防御性能と、いまだかつてない継戦能力によって正妻ヒロインの座を狙えるスペックを与える狙いがあります

・コロッセオの追加
…これはいまだかつてない暴力の世界を開くために追加します。想像を超える世界が待っているはずです。それは今までで最も刺激的な世界です。チェスの盤面のような知的な世界ではないです。核戦争後の暴力の世界です

・FCSの直撃上限を倍に
…これは1個や2個上限を増やしたところで何の意味もないことに気付いたからです

・濃霧領域の追加
…これは絶対的な防御手段を追加するための調整です。これはてぃーこんの極値防御を思わせる、絶対的な壁になるはずです。極値防御と違うのは、抜け道があるということです
一つは、天候です。晴れた戦場と霧の濃い戦場では、全く違う戦いになるでしょう。そして、射撃が濃霧を撃ち抜く魔弾となるでしょう。軽減率の低い、手数の多い射撃は、まさに濃霧領域を破壊する銀の弾丸になるはずです
濃霧領域によって、殴ったもん勝ちな火力偏重が減速することを狙っています。それは戦闘の長期化を誘発し、それは乱数の偏りを是正し、活躍の場を増やし、敵NPCの強化をやりやすくします

・霊霧領域の追加
…これは適性値の強化する噴霧量に意味を持たせるために追加します。噴霧と霊障がリンクし、よりのびのびと適性値を伸ばせるようになるはずです
無属性の強化はついでですが、砲塔やFCSなどのボディパーツの中で術導肢のシナジーがなかったためでもあります

・シフト
…これは霊障攻撃をしたくないのにしてしまう不満を和らげるとともに、最大火力を確実に格闘で発生させるために追加します。同時に、脚部による格闘適正を追加し、重量格闘機のバフとしても追加します。高速格闘機以外の選択肢を増やしつつ、デメリットも与えます

・クイックドライブ
…これは高速回避機体の突然の事故死を減らし、選択肢として選びやすくするために追加します。これは非常に強力な防護壁で、戦闘の長期化をもたらします。ただし、クイックドライブ回数は回復しないので、どれだけ早くシールドを剥がし丸裸にするかが求められます
ここでも命中率が高く連続で剥がせる射撃体勢が活躍するはずです

濃霧領域とクイックドライブを初めて見たプレイヤーは、防御値の意味について深く考えることになるはずです。ですが、それは最初のうちだけかもしれません

これから敵NPCをどんどん強化していく下地として、この二つは必要不可欠です。戦闘の長期化を私は狙っていますが、それは味方の戦線崩壊を早めるだけで、殺される前に殺すのが現状の最適解だからです

これは防御値の上位互換ではなく、第6の防御値とも言える手段となるはずです。いわば防御値とAPで受ける前のモラトリアムな時間を作り、その間に皆を活躍させたいと思っているからです

・連動攻撃
ヤベェくらい連続、これが新たな時代のスタンダード。初期機体はみんなブレード振ってEN切れ。そんなんでいいんだよ…霧戦争はよ……

・通信救護、鉄壁守護
ロールプレイ用

・虚無領域
…これは初期機体のバフです。自爆することで戦況の急激な傾きを押さえます。初期機体は更新しない限り延々と型落ちし続けます。なので、成長する要素を追加したかったので、自爆攻撃力が上がり続けるようにしました

・レーダーB
…これはもっとカジュアルに超広域探知してもらうために追加しました

・増援
…これは、戦場ごとに難易度が大きく差が生まれ、全滅が増えることを危惧して追加しました。つまりは、敵NPCの強化の前準備として追加します

・オーガアーム
…これは攻撃特化ジョブのために追加しました。バーサークはほとんど壁だし、インヴォークは初速が遅いので、切り込みを行えるジョブを必要としていました

・ティタンフォート
…これは完全な防衛ジョブのために追加しました。バーサークでは連続増が無駄になることが多く、支援戦果型の防衛ジョブもなかったからです

・インヴォークを強化
…これはオーガアームと対比して初速に遅れるインヴォークを強化するために追加します。現在の高速戦闘に合わせるためのものです

・限界駆動
…これは条件が優しすぎ、ENロックがしにくくなるのを防ぐために追加します

・無属性の直撃率
…これは射撃特化や格闘特化の殲滅者に意味を持たせるために追加します

・高速増殖培養槽
…やめるんだ!あのような破壊行為は……



拍手[2回]

この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
霧のひと
Webサイト:
性別:
男性
P R

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.