霧の残像領域

長文を流したいけど皆さんのTLを汚したくないときに使う場所です

虚空のコラム『いばしょ』



部屋を見渡す。俺の部屋をだ
俺はずっと、ここでさまよっている
こんな狭い部屋でだ

広さと言えば、ベッドで半分埋まるくらいだ
そこに、エアフィルターのやかましいゴウゴウとした音が
どこまでも反響している
このエアフィルターというやつは最悪の発明だ

空気を効率よく循環させる
それも、ちょうどいい気温や湿度を安定して供給できるように
そして、有害な外気を清浄に保つために

そう、外気は有害だ。かつての七月戦役が、世界をそう変えた
三大勢力はあまりにも強すぎるグレムリン大隊を前に
禁じ手となる作戦を強行した
新型艦載粒子砲
その光跡の後には、重粒子の「カス」である、『粉塵』が漂う

この粉塵はモロに吸うと、肺がズタズタになる
だからみんな、外を出歩かない
みんな「エアフィルター」に護られた室内か
空調服の中か、機械の中にいる

当然、窓なんてない
外は太陽の光がぎらぎらしているし、
それが粉塵に反射して、まるで火花の中に飛び込んだみたいになる

人類の居場所は、もはや人工物の中にしかない
それでグレムリンに負けているのだから、お笑い草だ

今日もテレビでは新型グレムリンの情報がグレイヴネットに乗って
やかましいほどに流れてくる

グレイヴネット――通信情報網であり、世界を繋ぎとめる情報の生命線
三大勢力とテイマーズケイジが張り巡らせた、世界にかかる網

どうせ情報なんて作られたものだろう
人工物に護られた人類にお似合いの流動食だ

粉塵――こいつが、世界を一変させた
どうしてこんなことになってしまったのだろう

粉塵の存在は千年前から伝わっている
この粉塵というやつは、水蒸気を吸着分解し、世界から雲を奪った
そして、代わりに与えられたのは、奇妙にきらめく虹色の粉塵ガス
七月戦役までは、遠くの空の現象だった

それでも、霧や雲といった言葉が、空想上のもの、という意味に転じるほど
世界を変えていた

それが、七月戦役のせいで……

あの日を覚えている
「みんな」が「血を吐いて」倒れている
俺たち5人は、何とか生き残った
グレムリンの張るゴースト・シールドが、粉塵を防いだのだ

偶然だった
でも、「みんな」は違った

重粒子投射実験

失われた船

そして、生き残ってしまった「5人」

幽霊船のエンブレムを掲げた5人は、やがて――



拍手[3回]

コメント

コメントを書く