長文を流したいけど皆さんのTLを汚したくないときに使う場所です
[69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62
レジスタンスは戦い続けていた

解体され散り散りになった熾天使旅団と辺境自由同盟を拾い上げ
集められた精鋭たち

全員がWHで武装する辺境最大の武装組織へと成長する
まるで小川が次々と交わり、大河にそそぐように
虐げられ、追いやられ、踏みにじられた人々が集まっていく

彼ら一人一人の力は僅かな埃にも数えられないほど小さいかもしれない
けれども、戦いこそが、パイロットこそが彼らの力ではない

あるものは物資を寄付し
あるものは資金で援助し
あるものは他の方法で力を託した

レジスタンスの中隊の一つを任せられたのは、まだ幼い顔つきの残る、
狼のような戦士

ルオシュ。かつての軍団長の子息

彼にはまだ経験も知識もない
ただ、あるのはアンセトルド・ユニットへの高い適性
そして、アンビエント・ユニットを理解できた感性

ルオシュは今日も操縦棺内部で夜を過ごした
そしてそのまま眠りにつくいつもの夜だった

この日は、眠るのが少しだけ遅かった

緑色のシステムログが延々と流れる暗い操縦棺の中
彼は静かに瞑想していた

戦いの興奮の反動は静寂でしか癒すことはできない

「ルオシュ、旅は好き?」

ルオシュは答えない。スピーカーから聞こえる、幼い少女のような声

「旅は、家に帰るまでが旅なんだってね」

ゆっくりと闇の中目を開けるルオシュ
モニターに映るVOICE ONLYのアイコン

「帰る家が無かったら、終わらない旅を続けることになるのかな」
「ここが君の家だ。そして、君は何処へも行く必要はない」

ルオシュはまるで祈るように腹の上で手を組み、静かに瞑想から眠りへと移行した
薄れゆく記憶の中で、少女のような声が続く

「ルオシュ、ΑΦΡΟΔΙΤΗはまだ旅を続けたいんだよ」
「俺も同じ気持ちだ」
「ΑΦΡΟΔΙΤΗには無限の未来がある」
「俺も同じ気持ちだ」
「じゃあ、ぼくの次の言葉も、ルオシュと同じだね」

ルオシュからの返事はない。彼は静かに寝息を立てて眠りについた
スピーカーから聞こえる声

「ΑΦΡΟΔΙΤΗは無敵だよ。帰る家がもう無いもの。だからΑΦΡΟΔΙΤΗは永遠に旅を続けて、永遠に敗北も勝利もしないまま、ΑΦΡΟΔΙΤΗは……いや、彼女が生まれた時からずっと、ΑΦΡΟΔΙΤΗは……」

次の言葉は続かなかった

静かな棺の中には、ルオシュの寝息と、虫の鳴き声のような機械の駆動音だけがあった


拍手[3回]

この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
霧のひと
Webサイト:
性別:
男性
P R

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.