長文を流したいけど皆さんのTLを汚したくないときに使う場所です
[57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47
かつて、一度だけ作製に成功したパーツがあった

彼は真面目なパーツ作製師だった
いつものようにマグスハイドラで戦況をつぶさに観察する
戦場は勉強の場だ。戦っている暇などない

装甲を貫通する威力について
人体の反応速度を超える弾速について
それを実現しそうなパーツの、実際の性能

彼は射撃火器専門作製師だった
狙撃砲を一回だけ発射
それで彼の戦果は終わった

射撃知識の豊富な彼には、よく作成依頼が飛び込む
自分で集めなくとも、最高のパーツが送品されてくる
そして、最高のパーツを作る

ある日の依頼は、違っていた

『この世のものではないほどの、煌めく刀身を持った剣』

発注ミスかと思った。間違えていると
しかし、彼は……ぞっとするほどの、興奮を覚える

「剣を……作ってみたい」

毎日、射撃火器ばかり作る日々
それが求められた仕事
自分の役割
生きる意味
存在価値

それらをすべて投げうって、役にも立たない、最高の芸術品を作る

破滅的行為に、彼はぞっとしたのだ

「やってやる」

その日は眠りを忘れるほどだった

そして一振りの短剣が完成した
黒曜石のように暗く滑らかな刀身。宇宙の星のように瞬く粒子
赤く、燃えるような熱線が張り巡らされた、火花の散る回路

それは物理でもなく
粒子でもなく
電子でもなく
火炎でもなく
……あるいは、霊障でもなく

「恐ろしいものを、作ってしまった」

彼は恐怖した
なぜか、あまりにも強すぎる
短剣を持った彼の機体は、奇妙に振動を始め、ゆっくりと空間を切り裂く

「次元潜航だ」

一瞬にしてテレポートし、不可視の斬撃を放ち、斬壊した機体を見ることもなく
再び次元潜航する

世界中の誰も知らないパーツだった
その影響を考えるだけで、彼は恐ろしくなった
戦友はみな霊障のたぐいだと勘違いしている

だが、それは明らかに制御された機械なのだ

「もう、格闘は作らない」

彼はその刃を見知らぬ土地に捨て、作製は失敗したと依頼人に伝えて、返金とキャンセル料を支払った

夢を見た

夢の中で短剣は海の中へ沈んで行った
海の底で短剣を手招く女

彼女は泡を吹きながら、一つの言葉を発した

「おかえり。超時空圧断裂装置……」

目が覚める
そして彼は、射撃を作り続けた

でも……いまでもぞっとするのだ
全てを捨てる誘惑を感じ

自らを保つ安堵を感じながら

拍手[4回]

この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
霧のひと
Webサイト:
性別:
男性
P R

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.