長文を流したいけど皆さんのTLを汚したくないときに使う場所です
[75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69
薄暗い世界で、いくつもの輝きが瞬いていました

「第四紀を総括し、次の時代へとつなげよう」
「みて、メルサリアの力が、いま……無限に到達しようとしているよ」
「すべては指し示した通り……だね」

断続的に続くシグナルの音が、彼らの存在を告げています
ただ、普通のひとたちには、それがなんなのか分かりません
なぜなら、彼らはすでに滅びた形骸なのですから

音こそすれど、姿は見えないのです
霧笛の音だけしか、彼らは影響することが、できないのです

「第一紀よりは、よかったと思うよ」
「第二紀はどうだったかな……もう覚えていないや」
「第三紀は酷かったね。第四紀はよくやったよ」

彼らは第一紀と共に生まれました
第一紀の破滅の中で、生まれた存在です
彼らは世界を見届けます

「第四紀、霧の時代は――幸せな時代だったと思うよ」
「よかった」
「まだ終わっていないけどね」
「でも、もうすぐ終わる」

彼らの中の一人が、半透明の手をかざしました
すでに、到達した者には見えるかもしれません
高い高い塔の、いちばん上の窓から、ひらひらと揺れる腕
何を誘っているのでしょうか

「オーバーロードは不滅だよ」
「ぼくらはもう、滅びたというのに、あいつらはいつまでも生き延びる」
「うらやましいとも思わないけどね。あんなに形を変えてまで、生き延びようとは思わない」

かつて不滅だった彼らも、いまや儚い輝きとなった第四紀
何度塩の柱となってもよみがえった彼らは、
第二紀の終わりに絶滅しました

「全てに終わりが来るよ」
「そう、終わりとは始まり」
「それでは、第五紀の話をしよう」

霧が晴れたらどうなるでしょう
彼らは手を振るのをやめて、目を閉じます
少し、思案した後、一つの可能性を見ました

――第五紀

よく晴れた空の下
第7航空戦隊、6番機のカザミサは、ゆっくりと単機で虚空を旋回していた

「こちらカザミサ。眼下に海が見えるよ」
「管制より、6番機カザミサへ。遊んでないで甲板に帰ってこい」
「そう? 大事な任務だけど」

カザミサの乗機が太陽を背にして、シルエットになる
航空機ではない

背中に気嚢を背負っている姿は飛行船に見えるかもしれない
ただ、その下についているのは、まるで骸骨のような身体

四肢を持ち、頭があり、尾がある。人に似た姿

「こちらカザミサ。シルエット・グレムリン。異常なし。アルファからフォックストロットまで、全パーツ正常機能」
「霊障は無し……か。流石新型、シルエット・グレムリン……だな」
「霊障≪グレムリンズ・ギフト≫とか、縁起でもないこと言わないでよ。亡霊が出てきたらどうするの」
「はは、迷信を信じているのか? 悪い子には……グレムリンの贈り物。蛇が出てくるびっくり箱」
「それで、何機のグレムリンが墜ちたか……冗談では……ん?」

「何か、異常でも?」
「水平線がかすんでる。何あれ……」
「計器異常!霊障だ!帰還しろ!カザミサ……ハイドラが出るぞ!」

「アレは……霧?」


「霧……だと!?」



「千年出ていないんだぞ、霧なんて……」



青空を覆い隠す霧

千年前からの旅人

あなたは、時を超えて――


>>next mist of war
>>Gremlins Gift -Return of the Ambient Mist-


拍手[4回]

この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
霧のひと
Webサイト:
性別:
男性
P R

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.