長文を流したいけど皆さんのTLを汚したくないときに使う場所です
[54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44
・リロードにデュアルリロードを追加
腕や砲塔を装備することで、弾数無限の火器を使用した際に、最大発射数を1増やすことができるようになります(消費ENは1回分と同じです) 腕や砲塔が多いほど、デュアルリロード確率が上がります。これは戦闘機動を消費しない特殊行動です。デュアルリロード確率はほかにも火力の影響を受けます
…これはリロードの実装によって相対的に価値が低下した、継戦能力を担っていた弾数無制限火器の地位向上を狙ったものです

・パーツ追加…頭C(弱索敵・スキャン条件[高AP])。A/B/Cのスキャン条件の差別化。Aは低AP敵、Bは低機動敵、Cは高AP敵を狙うように。複数積みの場合、スロット番号が早い頭の条件を採用(確率判定は合計のものを参照)  
…これは頭の選択バリエーションと、機体ごとの多様な動き方を実現するために追加します


・パーツパラメータ調整…高射砲A・ロケットAの弾薬費軽減。ボルトアンカーの消費EN軽減。ナパーム砲Aの重量軽減。ミサイルAの火力強化
…これは、使用する際のデメリットがきつすぎる射撃火器にたいして、デメリットを軽減し、または特性をさらに強化して幅広い火器選択肢を用意するために調整を行います


・パーツパラメータ調整…硬質ダガーA・電磁アックスAの火力強化
…上記同様の理由で調整します

・回避による防衛戦果補正を強化
回避特化の防衛戦果の大きさについて指摘を受けたので、調整を行います

・戦闘システム「コネクト」…通信時にランダムな味方を強化(ルール参照)

索敵時、索敵と同時にランダムな味方に強化効果を施します
ノーマル・アシスト→最大火力チャージ
ステルス→最大索敵チャージ
アサルト・バーサーク→最大防衛チャージ
マグス→なし
インヴォーク→連続増
さらに、
残像機→火力強化(戦闘終了時まで累積)
RPを持った機体→RPの量によって全防御値が増加
機動力が一定以上→最大回避チャージ
領域殲滅兵器チャージ中→チャージ追加
チャージされたものは、発動タイミングが若干早くなり、効果量は索敵範囲の影響を受けます
…これはロール的・戦術的に味方をバフするジョブを追加する目的があります

・支援戦果補正を強化
…これは、支援戦果の戦果を稼ぎやすくするために追加します。稼ぎにくい索敵による支援は、より多くの補正を受けるかもしれません

・機体状況をさらに追加(ルール参照)
新規ルールとして追加したいけれど、そのまま全機体に適応するとルールの把握が難しくなるため、一部の機体にのみルールを適用し、混乱を避ける狙いがあります

・高速射撃可能
射撃火器を装備し、機体重量が一定のボーダーを下回った際に受ける特殊効果です。15回更新時より射撃攻撃時に追加で速射効果が発生します
…これは軽量射撃機体を支援するために追加します

・二刀流可能
二つ以上の格闘火器を装備した際に受ける特殊効果です。15回更新時より格闘攻撃時に追加で連続行動微増加効果が発生します
…これは射撃機体バフに対するカウンターとして、格闘機体をバフするために追加します

・限界駆動可能
二つ以上のエンジンを装備した際に受ける特殊効果です。15回更新時より、EN枯渇状態になりそうなときに、代わりにAPを消費して攻撃キャンセルを回避できます(この効果でAPは0以下になりません)
…これは重過ぎる枯渇デメリットを回避させるために追加します

・培養指揮可能
二つ以上の培養装置を装備した際に受ける特殊効果です。15回更新時より、索敵時に味方のバイオ兵器の行動を早くできます
…これはただ培養装置を積むだけの培養機体に刺激を与えてびくびくさせるために追加します

・殲滅装填可能
領域殲滅兵器と腕、もしくは領域殲滅兵器と砲塔を装備した際に受ける特殊効果です。15回更新時より、格闘補正によって領域殲滅兵器発動の命中率を強化できるようになり、腕や砲塔の数に応じて発動後追加でエネルギーチャージされます
…これは限界駆動によってナーフされた領域殲滅兵器に新たな選択肢を追加するために追加します

・殲滅計算可能
領域殲滅兵器と頭、もしくは領域殲滅兵器とFCSを装備した際に受ける特殊効果です。15回更新時より、射撃補正によって領域殲滅兵器発動の命中率を強化できるようになり、頭やFCSの、特に頭の数に応じて領域殲滅兵器命中時に相手の火炎以外の防御値が減少します(支援戦果を得ます)
…上記同様の理由に加えて、火炎以外の攻撃属性をバフするために追加します


・同じ戦場の被撃墜者の数に応じて、死亡許容補正強化
…これは死亡リスクの差がミッションごとに大きく、それ相応のリターンを用意する必要性を感じたからです

・防衛戦果補正を強化。味方生存率の影響を受けるように
…これは戦場を放棄するプレイヤーを少しでも減らすために追加します

・速射と対地を強化。強度依存に
…ミニマムパワーすぎるからです。ビスコを食べて強くなってください

・最大防衛時にAPが半分以上だった場合、最大防衛回数限界にカウントしないように
…これはコネクトによって最大防衛が先に出てしまい、邪魔になってしまうのを防ぐ処置と共に、調整によって強化されたプレイヤーのカウンターとして敵を強化する目的があります。限界回数自体にも敵と味方で手を加える予定

拍手[1回]

この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
霧のひと
Webサイト:
性別:
男性
P R

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.