霧の残像領域

長文を流したいけど皆さんのTLを汚したくないときに使う場所です

ゼロのコラム『アラームの朝』
アラームが鳴る
敵が来たのだ

彼はゆっくりと目を覚ました
自らの魔王領域に侍るは漆黒の騎士
微動だにせず、闇のように跪いている

「来たか」
「御意」

魔王のアラームは特注性だ
敵が魔力センサーにかかると強力な通電が発生する
そうして、敵の排除と同時に電気信号による警戒が可能なのだ

「勇者を倒せ。以上だ」
「御意」

漆黒の騎士は風が去るように駆け出した
侵略を始めたのだ

漆黒の騎士と視界を共有し、彼は獲物を探す
見つけたのは、破壊されたアラームの罠

近くにいるはずだ
魔王の手は決して狙った勇者を逃さない
闇がよぎる
漆黒の騎士は不定形に姿を変え、あらゆる場所をくまなく探す

空き缶が吹っ飛び
家具が散らばり
ネコが驚いて飛び跳ねる

ダンジョンの中を嵐のように駆け抜ける闇

勇者は近い

その時、視界によぎる一本の「紐」

漆黒の騎士は、兜の奥で瞳の炎を爆発させた
来る

勇者の一撃が、来る!

空間を断裂させ、振動を繰り返す「紐」が、漆黒の騎士を追従する!
アレは、勇者の武器などではない
勇者、そのものの姿

時には蛮人の姿を取り
時には村人のように無垢な姿で
時には戦士のように誇り高く

その正体は、このような……超常の力である!

ヴィイヴィイイヴィイヴィヴィヴィヴィヴィイ

不可思議な振動音を奏でながら、「紐」が軌跡を描いて漆黒の騎士を追い詰める
このまま黙っていたら、破壊されるのは漆黒の騎士だ

剣を抜く騎士

一閃!

キュ―――――ン!!!!

甲高い音を立てて火花を散らす剣!
騎士は、抉るように反対の小手を「紐」に突き刺す!
すさまじい閃光
火花が散り、雨のように闇に降り注ぐ

ギュワッ!!

奇妙な断裂音と共に、勇者は砕け散り、塩の欠片となって四散した

「よろしい」
「御意」

彼は……魔王は、意識を自らの魔王領域に帰還させた
そして、ゆっくりと、目を閉じる

二度寝はいい
安らぎがある

また、アラームのなる朝まで
彼は眠る

それより楽しい贅沢など、あるかね?

拍手[1回]

コメント

コメントを書く