長文を流したいけど皆さんのTLを汚したくないときに使う場所です
[71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66
ルクロフィーナは初めてその箱を見た

それは空の箱だ
黒いパネルでできた6面体の構造物
それが無機質な摩天楼のオフィスの一角、無造作に置かれている
背を屈めれば、ひとが一人入れる

「ルクロフィーナ、何だかわかるかね」
「四角いプラネタリウム」
「惜しいね」

姿を見せない彼は、静かに言葉を紡ぐ
ルクロフィーナは静かに箱に触れた。冷たいような温かいような

「これは何の装置なんです」
「ハイパーな装置さ」

彼女は理解した
ルクロフィーナは爪を噛んだ。これが、自分を更新し、新たな力となる

「もっとかわいいのかと思った」
「可愛くなるさ。いくらでもね」

もうすぐ、自分の姉妹たちはマーケットに並ばなくなる
代わりに、この箱が売られるという

「使ってみていい?」
「どうぞ、ご自由に」

マーケットの主の気配が消えた。彼は、世界にこの箱をばら撒くという
内部に入るルクロフィーナ。黒いパネルに浮かび上がる緑のシステムメッセージ

≪不明なユニットが接続されました≫
「失礼ね」

箱を閉じると、そこには闇があった。水の流れる音がした気がした

(おちつく……)

流星群のように目まぐるしく暗黒を流れるシステムメッセージ
ある夏の日を思った
二度と訪れない夏の記憶

≪不明なユニットとの接続を確立できません≫
「いうことを、聞け」

何も起きない。失望のまま、蓋を開ける

「失敗作だよ、これは、こん……!!??」

目の前に広がっていたのは……一面の、ひまわりの花畑だった

≪デバステイター・ユニット・領域殲滅兵器『ルクロフィーナ』……セーフモードで接続完了≫

拍手[2回]

この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
霧のひと
Webサイト:
性別:
男性
P R

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.