長文を流したいけど皆さんのTLを汚したくないときに使う場所です
[13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3
HCS(ハイドラコントロールシステム)の中枢である操縦棺は、いかなる機械かまだ全容が明らかになっていない

かつては黒い立方体の形をしており、時代が進むにつれて比較的自由な形に変形を始めた。ボイラーのように水道管やホースが張り巡らされており、各部に水を送れるようになっている仕組みは変わらない。ただ、それが何の意味をなしているかは分かっていない。このオーバーテクノロジーがいかにして残像領域にもたらされたのかさえ、戦乱の中で失われてしまった

操縦棺の中に座ると、さらさらと水の流れる音が聞こえる。それは血管の流れと似ているかもしれない。あるいは、羊水のようだと感じる者もいる。操縦棺に収まったライダーは、まるで胎児のように冷静になる。実際には胎児は暴れるものだが。まるで死を迎える病人のように、すべてを受け入れ、静かな水のような気持になるのだ。出撃とともに、その血液は沸き立つかもしれない。泥水のように濁るかもしれない。ただ、エンジンを稼働させるその一瞬だけは、みな魂の平静の境地に至るのだ

操縦棺に心はあるのだろうか。誰かがそれを思った。不可思議な現象が日々戦場で起こる。パイロットの死体を収めたまま帰還した機体。ひょっとしたら、操縦棺には心があるのではないか。そんな仮説が確かに存在する。操縦棺は何も語らない。ただ、ライダーを包み込む姿は優しく、多くのライダーが死に場所に操縦棺を選んだ

棺の文字は死の予感を帯びたものだけではない。多くのライダーが思うのだ。いつか、自分が最後に眠る場所はここだと。恋人や家族、最も大切なひとでさえも満たされず、最後にたどり着く場所こそこの棺であると

拍手[5回]

この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
霧のひと
Webサイト:
性別:
男性
P R

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.